平成29年6月4日の読売新聞に掲載されました(*^-^*)

June 7, 2017

読売新聞さんに大きく掲載されました(*^-^*)

 

テーマは「移住を想像できる旅」「お客様の記憶に残る旅」

 

事務所のある甲州市と隣接した山梨市には、

養蚕の面影を残す築100年以上の古い家々がたくさん残っていて、

私自身、「古いもの」が大好きなので、

素敵な古い家を見る度にウキウキ・ルンルンしてしまいます(*´▽`*)

 

でも残念ながら

地元の人にとっては古い家、というのは

家族との思い出こそあっても、

管理するのにやっかいなもので、

物置代わりに使う場所になってしまっていて、

古い家を「財産」であって、「貴重」で「価値のあるもの」、という認識はないようなんです。

 

壊されていく古民家、

家主が良さに気づけずに改修してしまった家などを見ると

「もったいないな」と感じます。

 

この「もったいない」という気持ち、

これは外から来た人だからこそ気づけることでもあるんですよね。

 

古民家巡りツアーとして紹介されている、

「山梨で田舎暮らしを考え見る旅」シリーズは、

お客様が古民家に興味をもって物件を探しに来る、物件巡りツアーというだけではなくて、

実は、「古民家という資源の担い手」となってくれる人を私たち自身が探す旅でもあったりします。

 

窓口は移住者でもいい、

そうやって若い世代、移住してきた人たちが価値を見出してくれることで、

地元の人たちが、地元のこと、古い家のことを見直すきっかけになってくれればと願っています!!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「からくり屋敷」入居者様決定しました(*^-^*)

March 22, 2017

1/4
Please reload

記事一覧

December 27, 2017